ないないずむ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ないないずむ

ガジェットとライフハック好きな高専生が、自分の価値観を広めたいブログ。

「こんにちは」と「こんにちわ」の違いって?正しいのはどっち?

f:id:nainai71:20170208142937p:plain

 

こんにち!ないないです。

こんにち!ないないです。

 

あなたはどちらをよく使いますか?

ぼくは圧倒的に「こんにちは」派なので、「わ」を使う人を見ると違和感を感じます。

 

ほかにも「~じゃない?」を「~ぢゃない?」と書く人や、「~だわ」を「~だは」のようなものもすごく違和感があります。

 

こんな日本語の違いが気になったので、ちょっと調べてみました。

 

 

 

こんにちは?こんにちわ?

 

まず、そもそも「こんにちは」の起源ってどこから来ているのでしょうか。

 

あいさつの起源

今日の「おはよう」は「お早くから、ご苦労様でございます」などの略だと言われています。それは朝から働く人に向かって言うねぎらいの言葉でした。「こんにちは」は「今日は、ご機嫌いかがですか」などの略で、お昼に初めて出会った人の体調や心境を気遣っていました。「こんばんは」は「今晩は良い晩ですね」など略だと言われます。また、「さようなら」は「左様ならば」の略のようです。「それならば私はこれで失礼いたします」のような意味の言葉になるのかもしれませんが、本来の意味は定かではありません。いつ頃からこれらの挨拶語が定着したのかははっきりしませんが、江戸時代の書物には「おはよう(ございます)」の表記がちらほら見られます。 

(引用:あいさつ|日本文化いろは事典

 

なかなかおもしろいですね。

  • お早くから、ご苦労様でございます→おはよう
  • 今日は、ご機嫌いかがですか→こんにちは
  • 今晩は良い晩ですね→こんばんは
  • 左様ならば→さようなら

などなど、日本でよく使われているあいさつはみんな何かしらもともとあった言葉を省略したものみたいです。

最近は「ガールズ&パンツァー」を「ガルパン」と略すなど、なにかといろんな言葉を4文字にするのが流行っています。この傾向を見ると、そんな略し文化って実は今に始まったことじゃなかったんですね。

 

この起源だけをみると、「こんにちは」が正しいことになります。

では、なぜ多くの人が「こんにちわ」をつかっているのでしょうか。

 

「こんにちわ」の成り立ち

調べてみると、以下のページがまとまっててわかりやすかったです。

なぜ「こんばんは」は「こんばんわ」と表記されるのか:つなしドットコム - ブロマガ

 

ほかにも調べましたが、結局簡単に

  • 「わ」は「和」に通じているため、無意識的に親しみを感じてしまい、「こんにちわ」と表記する。
  • 発音が「wa」なので、それに則って「わ」と表記する。

の2点が「こんにちわ」の成り立ちだとしていました。

 

結局どっちを使えばいいの?

上記で紹介したページにこんな言葉がありました。

というのは、さっき「こんばんわ」で検索するときに、8,020,000件のヒットがあったためだ。
「こんばんは」では約27,900,000件。単純に考えると、5人に1人ぐらいは「こんばんわ」を使用している可能性もあるってことじゃないのか?

 

つまり、単語としてどちらも多数の人が使っている以上、それらは正しい日本語だといえるとぼくは思います。

 

しかし、「敷居が高い」を本来の意味で使わない人が多い*1ように、言葉というのは多くの人に使われているものこそ正義であると考えています。

ぼくのこの考えから行くと、今はまだ「こんにちは」を使うべきだと思います。

 

10年後には「こんにちわ」を使う人の数が上回るかもしれません。

そうなったらその時違和感を飲み込んで「こんにちわ」を使えばいいだけの話です。

言葉の由来に固執しすぎず、言葉は単なるコミュニケーションのツールだということを自覚して、「長い物には巻かれろ」精神でうまく立ち回ったほうが世の中生きやすそうですしね。

 

というわけで、「結局どっちを使えばいいの?」という問いには、「今は『こんにちは』を使ってればいい」と返させていただきます。

 

 

まとめ

「わ」とか「は」とか、「へ」とか「え」とか、単語の意味とか、使い方とか、いろいろ変化していく言葉ってややこしいですね。

 

現代の人が国語の時間に古文を学ぶと意味が分からないといったように、時間とともに言葉というものは変化していくものだと思います。

それも結局は多数派の方向に変わっていくので、そちらについていくのが最も無難な道じゃないでしょうか。

 

100年後には「近代日本語学」のような学問ができて、「『しんどみがある』の意味を答えよ。」とか「この文中における『やばい』の類義語を答えよ。」みたいな問題が出るようになったらと想像するとちょっとおもしろいですね。

 

*1:文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、「あそこは敷居が高い」を、本来の意味とされる「相手に不義理などをしてしまい、行きにくい」で使う人が42.1パーセント、本来の意味ではない「高級すぎたり、上品すぎたりして、入りにくい」で使う人が45.6パーセントという逆転した結果が出ている。(引用:敷居が高いの意味 - goo国語辞書